海外FXのメリット・デメリット

Share or Tweet ...Share on FacebookTweet about this on Twitter

海外FX会社のメリット・デメリット

 

【メリット】

 ・ハイレバレッジ

なんといってもこれに尽きると思います。

日本ではレバレッジが25倍までに規制がかかりました。

海外では規制はないので概ね400倍〜1,000倍までのレバレッジになります。

ハイレバレッジに伴い収益も大きく損益も大きくなるものの、

海外ではゼロカットシステムを採用している会社が多く、

日本とは異なり追証が発生しません。

FXでのビックイベント米・雇用統計の様に大きく相場が動いても、

トレーダーは入金額以上の損益は発生しません。

 

つ・ま・り

例えば、10万円のみ入金して半か丁かの博打をしてもいいという事。

10万円の元手があれば、レバレッジ500倍のところだと、五千万円の資金になります。

1円動けば、50万円の収益になります。

一気に一円を狙わなくても、小銭稼ぎでも十分いいと思います。

日本の25倍規制の中ではできない事が海外FXだとできるのです。

しかも追証なしに。追証あればハイレバレッジは怖すぎてできませんが、

追証がなければ、元手のみの損益になるので、博打するにはいいかと思います。

 

半か丁かで一発勝負するのは全然ありだと思います。

 

 ・ボーナス

また、海外FX会社だと入金や取引に伴いボーナスが発生するのも大きなメリットとなります。

各社によってボーナス付与条件は違うものの、

取引毎にボーナスが発生するのはトレードを続けていく上でとてもこころ強い武器になります。

 

 

 

【デメリット】

・スプレッドが大きい

基本的に日本のFX会社だと一番狭くて、0.3pipsがあります。

海外だと基本的には、1.0pips以上が多いです。

なので例えば一億円の取引をした場合には、スプレッド分で既に

一万円の損失を出る事になります。

もちろん相場の動くを読んでいれば、微々たるものですが。

すごい狭い範囲でのスキャルピングをしている方には、

海外のスプレッドの広さには嫌気が差すでしょう。

Share or Tweet ...Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>